毎日日本人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の不幸

他人の痛みは、わからない。
他人が苦しむのは、おもしろい。
結局、自分以外は他人であるのだろう。

今日はいろんな他人に会った。
私の仕事を、一からやりなおしという結論にする他人。
うまくいかなくて悲しんでいる話を、笑っている他人。
ただ調子を合わせて笑っているだけの他人。
自分の不幸とリンクしていて、悩んでくれる他人。
話していると、嫌なことがまぎれる他人。
自分のことを心配してくれて、大切にしてくれる他人。

そんな他人を分けるとしたら、同僚、友達、恋人として分けるのだろうか。
そうすると、大切に思えてくるから不思議だ。
他人だけど、大切な自分の一部のように思えてくる。

ものの見方で、物事は劇的に変わる。
まわりの人が、他人ではないと思えるようになったら、他人の痛みがわかるようになれるのかな。

彩り

ミスチルの彩りという曲が好きだ。

桜井さんが書く世界は、誰にでもある日常。
普遍性があるけど、とても個人的なことだから、多くの人に響く。

普段生活する上で漠然と感じている、何か足りないと言う不安な気持ち。
この曲では、鮮やかな彩り、9色の色をつけることによって豊かにすることができるんじゃないかと歌っている。
赤、黄色、緑、金、銀、紫、水色、オレンジ、暖かなピンク。

こんな鮮やかな色がつけば、きっと毎日は喜びに満ちあふれた風景になるのだろうなと思う。

今の歌なんて、いろんな受け取り方をできる言葉で伝えることによって、あるあるって共感させるようなものが多いと思う。
占い師みたいなものだ。

私も同じように騙されていると笑われるかもしれないが、
少なくてもこのバンドの曲を聞いて、自分を、自分の生活を考えることがある。

聞こうと意識しなくとも、風のようにすっと頭の中に入ってきて、
いつの間にか頭の中に響いていて、自分にこれでいいのか?と考えさせてくれる。

優れた歌手は、改めて言葉の意味を考えさせてくれる。
あの短い言葉に、一体どれだけの思いが込められているのか。

文章

文章を書くのが楽しくなってきた。
何か目的があると、文章がどんどん浮かぶ。

今まではそんな目的が何もなかったのかなと思う。
それか、目的かどうかわからないままに、過ぎ去って行ったんだと思う。

何にせよ、一日を言葉で残そうという試みは続いている。

心の整理

日々のよしなしごとを、言葉で発散して、
頭の中を整理する。

吉田兼好もそうしていたらしいけど、
果たしてそんなに日々ネタにすることがあるのかと、考える。

今日の生活は、築地の仲屋でとろなかおちうに丼を食べて、卓球して、古着買い物して、マックに行って、帰る。

本当にどうでもいいけど、こんな生活でいろいろ考えることはできるのか。
いつもどんなことを考えて生きているのか心配になってきた。

今日は、人の匂いに気になった。
果たして匂いは、人の存在証明になりうるのか。

電車だと、人と人の距離が縮まる。
必然的に匂いを嗅ぐ。

自分の匂いなのか、人の匂いなのかわからない。
多くの人がつけている、人気の香水をつけるとそうなる。

でも、人によって匂いが違うと言う。
混ぜてある匂いが、ある人の体臭で消されるとでもいうんだろうか?

個人的な結論としては、つけすぎているとそんな情緒がなくて、
くさい。

過ぎたりはなおざるがごとし?のような気がする。
日本人ってもっと日本人らしくできたら素敵だと思う。
でも日本人らしくってなんだ?
それを探すことを明日してみようと思う。

科学の進歩

今日、科学の進歩を目の当たりにした。
こんなにすごいことが、ごく日常あたりまえのように起こっている。

ジュースの中に、カプセルが浮いている?

どんな原理でこんなことが可能になっているんだろう、、、
ゲル化剤の類いでこのようなコントロールが?

ゼリーみたいな食感でも、やはり底に沈んでしまうだろうに、
どうしてこんなことが?

どうでもいいことなんだろうけど、身近な科学を感じた。
でんじろう先生にぜひ教えてもらいたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。