毎日日本人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮨ささき(勝どき)

勝鬨橋の勝どき側の、すぐそばにある寿司屋。

表通りにあるんだけど、看板を見つけられなかったら
見つけるのは難しい。

たぶん、こんな寿司屋に初めて入りました。
お品書きがない店。
時価とも書いてない。
基本はおまかせらしい。

昼は、ばらちらし、3000、5000、7000円のおまかせ握りがあった。
ばらちらしを食べたが、初めて食べる上品な味。

うまいものを言葉にするのは難しいけど、
素材の臭みがなく、最小限の味で絶妙な調和をつくりだす感じ。

はまちとイカとヅケまぐろと卵の合体。
合体しなくてもおいしい。
もう少し生活に余裕ができたら、ぜひ握りを食べに行きたい。

スポンサーサイト

築地丼家 よし (築地)

築地4丁目交差点の近く、大通りから場外市場の路地に入ったところにそこはある。

平日午後5時頃に築地を歩くと、閉まっている店ばかりだが、
その中でふと目にとまった。

ここは、小ドンブリが有名らしく、テレビの取材も受けたらしい。

ドンブリ2つ+鱈の西京焼きのセット 1500円
(ドンブリは8つあり、ネギトロ、しらす、うなぎとろろなどがあった気がする、、、)

マグロのほほ肉の炙り丼と、マグロのヅケ丼を選んだ。

西京焼きと、マグロのヅケ丼は、うまい。
でも、まだ想像ができる。(ご飯は酢飯)

感動したのは、ほほ肉の炙り丼。
ほほ肉は、焼くと特上ロースのような食感で、
マグロの旨味がしっかりとする。
茎わさび?わさび漬け?のような薬味もぴりりとして名脇役。
3切れしか乗ってないけど大満足。

ほほ肉は、一頭のマグロ200kgから200gしかとれない貴重な部位らしい。
ご主人曰く築地市場が手に入るからこそ、これが食べれるようだ。

夜は17~21時と短く、19時頃多いらしい。
是非もう一度行きたいと思うおいしいお店だった。

なお、ご主人はとても気さくで、ジャズがかかる綺麗な店内だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。